FC2ブログ

■当サイトは既婚女性を中心に描いている連続長編の官能小説サイトです■性的な描写が多く出てくる為18歳歳未満の方の閲覧はご遠慮下さい■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5章 悲報 第42話 想定外 斉藤雪

玲華さん、アリサさん、私の順番で

素早くドットクラブ10階のVIP

ルームに突入した。

私達は予め私の

【通信】

の力で確認していた部屋に入り

すぐ左へ向かう。

そこにあるガラスのテーブルの

向かいのソファで美佳帆さんと

橋元は居る。

玲華さんが考案した作戦では

美佳帆さんはおそらく百聞の

使用過多と橋元の何らかの

性的な責めでかなり消耗している

はずなのですぐには動けないかも

知れないので

玲華さんが美佳帆さんを

保護しアリサさんが

橋元に攻撃を

加え私がそれを補助するという

予定であった。

「美佳帆さんっ!」

玲華さんが美佳帆さんの姿を

見て叫ぶ。

室内はガラスのテーブルにソファ

その奥には大きなダブルベッドに

ギロチン台のような拷問器具。

それに人を磔にするようなペケ字の

拘束具がある。

「あっあぁ・・・・

ダメッ・・・

もっもうやめて!

もうやめなさいっ!

あっあぁ・・・・」

美佳帆さんは私が突入直前まで

通信で見ていた通り

ソファで横たわる橋元の

顔の上に跨らされショーツを

膝までずらされていて

股間を橋元に責められている

状態だった。

私もアリサさんと

玲華さんが突入後

パニックにならないように

そのことは伝えていたが

実際に見るのと口頭で聞くのでは

違うのか玲華さんがソファとガラスの

テーブルの前で立ち尽くしている。

「美佳帆さ~ん!

助けに来ましたよ~」

先に橋元と美佳帆さんの

絡んでいる状態のソファーに

近づいたのはアリサさんだった。

「おやおや・・・

これは皆さんお揃いで

ほ~菊沢さん。

あんたの事務所は美女揃い

ですな~

これこれ。

あんた達の上司は

今私のSEX10段の技で

逝きまくって

喜んでいる最中なのだから

邪魔せんとそこで

待っとき。

あんたらもこの菊沢さんの

後で楽しましてやるから」

そう言うと橋元は私達の突入に

慌てることも動じることも無く

美佳帆さんの股間から顔を

出すこともせずに美佳帆さんの

股間に相変わらず

指を出し入れしている。

「あっああっ!!

れっ玲華ちゃん・・・

スノウ・・・

アリサちゃん・・・

っ!!いっ・・

はぁはぁはぁ・・・

この・・

この男に見られたら

ダメよっ!!」

「がははははっ!

余計な事を言うと

またプシュ~!!

と吹かせまずぞっ!

百聞の美佳帆さん~

んん~?

もう何回逝った?

このまま最後まで

やると百逝きの

美佳帆さんになりますな~

がはははっ!」

クチュクチュクチュクチュッ!!

橋元が美佳帆さんの

股間への指の出し入れを

速くすると美佳帆さんの

陰毛で隠れている部分を

口をつけて吸うような音を

立てる。

クチュクチュクチュクチュッ!!

チュゥゥゥゥッ!!

ジュパジュパジュパッ!

「くっ・・・!!

んんんっ!!

あぁっ!!!

あなたっ!

もうやめなさっ!

もう良いでしょっ!!

ひっ・・・なんという・・

力っ!!ひぐっ!!

ああっ!!」

プシャー!!!

そんな・・・

美佳帆さんは橋元の

顔に股間から大量の

水しぶきを

放出した。

あれが・・

潮吹き?

私は通信で感じていた股間に来る

熱いものがこの部屋に入り橋元と

視線が合うたびに

強くなってきているのを

感じていた。

この力で美佳帆さんを

あんな状態に

したの?

玲華さんも同じように

身体が熱くなっているみたいで

気合を入れなおす為に

何にも拘束されて

いるわけではないのに

身に付いたものを振り払うような

仕草をしている。

アリサさんは案外平気

なのかそのまま橋元に

向かって行き得意の

素早い蹴りを橋元の

頭めがけて放った。

私は補助をと思いアリサさんに続く。

ヒュンッ!!!

「美佳帆さんから離れてっ!l

このオヤジッ!」

何と橋元は美佳帆さんのヒップを

鷲掴みにしながらアリサさんの蹴りを

頭の動きだけで交わした。

「どひゃ~

なんちゅう脚力や~

もろてしもたら

頭もげますわ~

お姉ちゃん~細い

足やのにどえらい蹴りやな~

これはまずいまずいっ

私も美佳帆さんとこれから

いっぱい楽しむという

大事な仕事があるんやっ

あんたらの相手は別の者達

もう呼んであるから

そいつらに遊んでもらい。」

橋元がそう言うと私の背後から

玲華さんの声がする。

「スノウ!アリサッ!

取り巻きが居たよっ!」

私は玲華さんの方を振り向くと

玲華さんが大柄な黒人系の

大男に蹴りを3連続で膝裏に

ヒットさせた。

「グオッ!!

コノオンナツヨイ・・」

しかしその玲華さんに黒人系の

男の脇から出て来たもう1人の

アジア系の外国人の男がもの

凄い速さで手で玲華さんを切るように

すると黒人系の大男を膝まづかせた

玲華さんの右足の太もも辺りのスパッツが

切れ玲華さんの足まで切れる。

「くっ!」

「玲華さんっ!」

私は腰に差していた扇子をパチンッと開くと

アジア系の外国人の男に斬りかかった。

シュルルルルッ!!

しかし私の枠がチタン製の鋭利な刃物のように

斬れる仕組みになっている扇子の斬撃をこの

アジア系外国人は手で受ける。

ガチャンッ!

「なるほど

これで玲華さんを

切ったのね。

暗器ね?」

「サスガハ

キクイチタンテイジムショノ

エージェントタチネ

イイウデシテル」

この男一筋縄じゃ行かないわね。

私と玲華さんが黒人系の大男と

アジア系の外国人と戦っている

間も美佳帆さんを責めるのを

橋元は止める気がないようで

美佳帆さんの苦しそうな

喘ぎが聞えてくる。

「うっうぅぅっ・・・

スノウ!

その男もの・・・

あっあああっ!!

もっもうやめてっ!橋元さんっ・・

あっああっ!

スノウ!

逃げなさいっ!

その男には勝てな・・・

あっあんっ!!」

「がははははっ!!

また逝きよりましたな~

ホンマよう逝くな~

菊沢さんは~」

橋元が美佳帆さんが

ぐったりと橋元の顔にヒップを

埋めているその状態でまだ美佳帆

さんの股間ばかりを責めている。

半ば放心状態で橋元の

顔に下半身を埋めている

美佳帆さんのヒップや太ももの

お肉の感触を楽しんでいる橋元が

急に苦しそうな

声を上げる。

「うお~

ふごごごっ!!

こっこらっ!

お嬢ちゃんっ!!

私は女の子には優しいが

そんないたずらは

いかんぞっ!

うぐぐぐっ!」

私も私と相対していた

アジア系の外国人の男も

立ち上がり玲華さんと向かい合って

いた黒人の大男も

玲華さんも皆

橋元に視線を

集中した。

何とアリサさんがこの部屋に

あった拷問器具の中の鞭を

持ってきて輪をつくり橋元の首

巻き付けて締めあげていた。

「あっアリサちゃんっ・・・

ナイスよ・・・」

橋元の責めの手がやんだので

美佳帆さんが橋元に覆いかぶさって

いたヒップで橋元の顔を塞ぎ

太ももで橋元の顔を

力一杯挟むように

してさらに息をできなくする。

「アリサちゃん

そのまま離さないでね。

この男これくらいじゃ

死なないけど

一旦落とすわ・・・

人を散々逝かせてくれた

お礼よ」

ギュゥゥゥと

美佳帆さんが足に力を

入れて橋元を絞めると

橋元の顔が真っ赤になって

いき気絶した。

「ふぐぐぐ・・・

ん~・・・

お前たち覚えて・・・」

「ふ~

ごめんなさいね。

あなたをアソコで

絞めてあげるあの約束は・・・

無しで」

美佳帆さんがやっと

いつものセリフに戻った

みたいだがやはり身体の

消耗は激しいみたいで

少し腰の辺りがふらふら

しながらブラジャーを

付けなおしずらされていた

ショーツを履きなおす。

「天然!

大ファインプレイだよっ!

かき氷大盛り奢ってあげるっ!」

黒人の大男から目を離さないように

しながらアリサさんを褒める玲華さん。

「ほんと~!!

練乳一杯のやつね~!

やった~!」

あちらはあれで良しであるが

問題はこの2人。

特に私が対峙しているこのアジア系の

外国人は暗器使いなうえもしかしたら・・

能力者・・・?

そう感じさせる何かを持っていそうな

不気味な男である。

先程美佳帆さんもそう言おうと

していたのでは?

「スノウ・・・

後は脱出ね・・・

アリサ~!

私とあんたで役目交代だからっ!

あんた美佳帆さん連れて先に

脱出してっ!

ってアンタこら~!!

何してるのっ!!」

美佳帆さんが

Tシャツにホットパンツを

履き終えてやっと動けそうな

感じになったなと

見て居たらそれを

待っていたアリサさんは

何と丸出しの橋元の

股間に何かしている・・・

何かを塗っている?

「きゃははっ!

コンビニおでんの

からしがポケットにあったから

塗ってやったの。

美佳帆さんの仇だよっ」

「あははははっ

アリサちゃんありがとっ」

美佳帆さんまで笑っているがこの

緊迫した状態でこの子は・・・

「オマエタチ

イイカゲンニスル

ボスニ

アンナコトシテ

オマエタチ

ミンナコノアト

タダデハスマナイネ」

「へ~

どう済まないと言うのかしら?

あなた達こそ私達の代表の奥様に

あんな事してタダでは済まさないわよ。

うちの代表ご存知かしら?」

アジア系の男が右手と左手の

袖を振るとだぼっとしたチャイナ服の

ような上下が一緒になっている服の

袖がさらに伸びた。

何をする気・・・?

手の動きを見せないで別の暗器に

持ち変えたのを気づかせない気?

やはり・・・

玲華さんの言う通り

この服では不利ね・・・

もう少しスポーティーな

服装で来れば良かったわ。

と今更

玲華さんに待ち合わせのコンビニで

突っ込まれた事が頭をよぎる。

「オマエ

ユルサナイ

ソノ

オイシソウナ

カラダデ

ケリサンパツ

ブン

ハラワセテヤル!!」

黒人系の大男が玲華さんに左右の

パンチを放つがどうやら先程の

玲華さんの先制攻撃の膝蹴りの

ダメージがあるのか玲華さんが

軽く交わす。

「あんた

ボクサーでしょ?

ボクサーがフットワーク

失ったら何もできないわね?

さあ今のうちよアリサッ!」

「OK~!

美佳帆さん、さあっ!」

アリサさんに手を引かれて

美佳帆さんとアリサさんは

このVIPルームの入り口に

向かい走って行った。

「マテオマエタチッ!」

黒人系の大男が

美佳帆さんに掴みかかるが

また玲華さんに膝裏を蹴られ

膝まづいた。

グシャッ!!

「あれあれ~?

頑丈そうな人だと

思ったら折れちゃった?」

「ググググ・・・・

オマエ

ゼッタイユルサナイ」

黒人系の大男は

膝をつき苦しそうに

玲華さんを見上げている。

玲華さんは大丈夫そうね・・・

後は私がこの男から

逃げ切れるかね。

すると突然大声が聞える。

先程アリサさんの鞭の絞めと

美佳帆さんのヒップと太ももの

圧迫で落とされていた橋元だ。

「うお~!!!

このアマども~!!!

マイクッ!!張!!

菊沢美佳帆はどこへ行った~!!

お前たち早くそんな雌豚ども

縛り上げて菊沢美佳帆を

捕らえてこんかいっ!!

いてててっ!

なんじゃこりゃ~!!

私のビッグマグナムがひりひり

するぞっ!!

かっからしが亀頭にぃぃぃっ!!

いかんこれはいかんっ!

私は風呂に入るからなっ!

援軍も呼んでおいてやるから

お前たちその2人逃したら

ただではおかんからなっ!!

お~マグナムが痛いわいっ!」

美佳帆さんに落とされていた

橋元が気が付いた。

が・・・

しかしそれだけ叫ぶと橋元は

浴室へ走り去って行った。

よほど・・

あのおでんのからしが応えたのだろう・・

玲華さんの言う通り大ファインプレイだ。

からし攻撃は玲華さんに怒られていたが・・・

ここでもアリサちゃんの

いたずらが功を奏し橋元は

すぐに私達に手出しが出来なかった。

援軍を呼ぶ?

まだだれかいるの?

しかしやはりこの男が

あの有名な張慈円、

それにあの大男が悪名高い

マイクね・・・

「スノウッ!

一斉に逃げるよっ

橋元が復活しさらに

これ以上増えたら

私達だけじゃ

無理だよっ!」

「同感。」

私は頷くと玲華さんと同時に

入り口めがけて走った。

玲華さんは蹴りの際に発動する

肉体活性を使うと常人では考えられない

速度で走れる。

アリサさんも肉体活性で常人では

考えられない跳躍力を発揮できるが

私の肉体は普通の35歳の女性が

ある程度鍛えてある程度

玲華さんのスピードにはとても

追い付けずにマイクも張も

私に狙いを定めて襲ってくる。

私達はVIPルームから出て

何とか援軍が来るまでにこの建物から

出る必要があった。

「オマエタチマテ!

コノママデハ

ワタシタチ

ボスニ

クビニサレルネ!」

張!

私をめがけて張の袖が

飛んでくるとバックステップで

交わしたが私のお気に入りの

白のフレアミニの

裾が何か鋭利な

物で切り裂かれた。

「スノウ!

大丈夫!?

だからそんな服装で

来るなって言ったでしょ!?

こらっ!この

手長族!

私の同級生に

何してくれてるのよっ!」

玲華さんが戻って来てくれて

張の袖に蹴りを放った。

ガシーーーンッ!!!

何か金属音と

玲華さんの足が交錯

する音が鳴り

張の動きが一瞬止まった。

「ホウマンナフトモモカラ

ナントイウキョウアクナ

ケリヲハナツオンナネ・・・

オマエソウトウヤルナ・・・」

「スノウ!行くよっ!」

「ごめんなさいっ!

玲華さんっ!

服装の事は

玲華さんが正しいです。」

私は玲華さんの後を追うように

一緒に走った。

「あたりまえでしょ~」

と玲華さんも走りながら笑う。

すると正面から

アジア系の外国人風の

男たちが6人ほどが

こちらに向かってくる。

「うわっ援軍来たっ!

あのカラシチンポ

呼ぶのはやっ!」

カラシチン・・・・

玲華さんもあだ名つけるの

はやっと

突っ込んでいる場合でも無く

私達は正面に

6名のアジア系の外国人

後ろに張とマイクという

状態で身動きが

取れない。

エレベーターは正面・・・

今8階か・・・

もうすぐここへ来る・・・

私はエレベーターの下の

ボタンを押した。

「仕方ない

スノウ突っ込むよ!」

と玲華さんが言った瞬間

チンッとエレベーターが

来る。

私は玲華さんに体当たりを

して玲華さんをエレベータに押し込んだ。

ドンッ!

「ごめんなさいっ!

玲華さんっ!」

私は玲華さんをエレベーターに

押し込みすぐさま1階のボタンを

外から押して閉じた。

玲華さんが閉まるエレベーターの中から

叫ぶ

「こらっ!スノウ!

あんた何考えてっ!」

「二手に分かれましょう!

私はこの6人突破して逃げるからっ!

階段で行くわ!

建物出たらすぐに事務所を

目指して!

大丈夫私には作戦があるのっ!

玲華さん必ず逃げてねっ!」

『スノウッ!!

その作戦ってなんなのよ~!!』

降っていくエレベーターから

玲華さんの叫び声が聞こえる。

まだ何か叫んでいるようだが

声がだんだん

と遠くなって行った・・・

私を張から救ってくれた

玲華さんを先に逃がすのが

私の役目だと思った。

私はエレベーターの前で

6人のアジア系の外国人に

囲まれる。

「コンナ

オンナヒトリニ

ボス

ワタシタチヲ

ヨンダノカ?」

「ヒヒヒ

キレイナアシ

シテルオンナネ

スカートガキレテ

パンツミエソウヨ」

片言の日本語で私を囲み話している

前の2人に斬りかかり1人目の

わき腹と2人目の首筋を斬れた。

シュンッ!!シュルルルッ!!

「ギャー!!」

「イデデデッ!

キレタキレタ!

ナニカモッテルコイツ!」

「あなた達の相手を

している暇はないのよ。

それではね・・・」

私は前の2人を斬り倒し

ひるんでいる残りの男たちを

尻目に階段の方へ向かって走った。

作戦などは無かったが玲華さんを

確実に逃がし私も逃げきれる自信は

あった。

しかし私が進もうと思っていた

階段の前には既に私を追ってきていた

あの張慈円が立っていた。

《第5章 悲報 第42話 想定外 斉藤雪 終わり》



ミキ・大手旅行代理店勤務(24歳・仮名)
スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

千景

Author:千景
訪問ありがとうございます。
ここでは私千景が書いた小説を紹介させて頂きたいと思います。
ほぼ私と同年代の既婚者が主役のものになるかと思います。登場人物同士が
つながりを持っていて別の物語では最初の物語の主人公が脇役を務める様な
小説全体につながりを持たせ想像を膨らませていけたらと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村
アダルトブログランキングへ
  • SEOブログパーツ
スポンサーリンク
アダルト無修正 人妻 熟女 素人 ハメ撮り 本物 三十路 若妻 不倫 巨乳
ご拝読ありがとうございます
ご拝読中
現在の閲覧者数:
問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク
官能小説 人妻 

スポンサーリンク
人妻 三十路 四十路 五十路 六十路 無修正 熟女 超熟女 豊満熟女 淫乱熟女 痴熟女  無修正 素人 人妻 借金 巨乳
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。