FC2ブログ

■当サイトは既婚女性を中心に描いている連続長編の官能小説サイトです■性的な描写が多く出てくる為18歳歳未満の方の閲覧はご遠慮下さい■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4章 寝取る者に寝取られる者 第21話 返済 三崎梓

目の前にある3つの帯のついた

札束を私はここに置いて帰る事

なんてできなかった。

これが目的でここに来たのだから。

これがあれば今抱えている1番大きな

悩みを解決できるのだから。

ただこのお金を手にするためには

カードローンのような18%前後の

大きな利息を払いながらの返済では無く

今から2時間・・・

目の前に居るこの方とSEXをしなければ

ならない。

ただそれだけの事・・・

私には選択肢何て初めから無かった・・・

このお金を見せられた瞬間、それが例え

他の条件でも断れるはずがなかった。

私が浪費家で専業主婦をしていて

家計を預かる立場で作った借金で

あればこのような方法で返済する事に

罪悪感も感じ、かなり強い抵抗も

あったと思う。

しかし今抱えている270万円と言う借金は

主人の公平がパチンコで作ったもの。

私の給料の大半が公平のパチンコで

消えて行くのを私だけでなく公平の御両親も

幾度となく諫めてきた。

それでも行動を改めなかった結果

今私は初めて会ったこの木島様に身体と引き換えに

借金を返済できる金額のお金を手にしようとしている。

冷静に今私がこのような立場に置かれている成り行きを

考えることにより少しでも公平以外の男性とSEXしようと

決断した自分を贖罪するように説得する。

「・・・・・・

あの・・・・

私が・・・その・・・

木島様と・・・・

セッ・・・・

スをするという

事は誰にもわからない

ですよね・・・」

私はおそるおそる

条件を受けたいが

人に知れないかと言う事を

確かめるように聞いてみる。

「三崎さんの奥さんは

今日ここには来ていないから。

水島さんしか知らないけど

水島さんもここで何が起こっているかは

知らないよ。

アンタが言わなきゃ~ね。

まあ借りれたか?

くらいは聞かれるかもしれないけど

そこはアンタが上手く言えば何も

わからないよっ」

「わかりました。

ありがとうございます・・・

それでは・・・・

え~と・・

これ・・・

お借りします・・」

と私は3つの帯のついた

現金をひとつづつバッグの

中へ入れていく。

現金を持つ私の手が震えているのは

初めて見る大金のせいではなく

生まれてから今まで主人しか

知らない私がまさか結婚した後に主人

以外を知る事になる非日常的な

事への決断を一瞬で下さなければいけない

状況になりその決断を下した為である。

まじてその相手がこの怖そうな木島

という初対面の男性であった事がさらに

私の手だけでなく足から全身までを震え

させる。

「どうぞどうぞっ

返済は今から2時間かけて

してもらうからっ

よろしくっ!」

木島様の仰る返済とはSEXの事であるのは

重々承知しているが果たして私にその返済能力が

あるのかどうか、主人しか知らない私がこのそういう

事に慣れていそうなのが私でも解るような木島様

相手に満足してもらえるのかどうかが凄く不安だった。

「は・・・い・・・

それは・・勿論・・・先ほどの

条件で・・・

わたくしの方こそ・・・

宜しくお願い致します」

私は震えた手で現金をバッグにしまうと

膝に両手を揃え深々と木島様に頭を下げた。

「ははははっ!

三崎さんの奥さんっ!

アンタのそのバカ丁寧な所っ

そそるな~

まあゆっくり返済は頂こうか?

ほなこっちに来てや・・・

アンタは高額融資者やから

こっちのVIP部屋で返済貰うから」

そう言うと木島様は立ち上がり

両開きの扉を開け先程、

現金を取りに行ったのとは

違う方の部屋に行く。

私は震える身体を奮い立たせ

木島様の後に続く。

いよいよ・・・

私大丈夫かな・・・

こんな時でも主人の公平の顔が

思い浮かぶが昨夜遊び歩き深夜に

帰宅し今朝もまだ寝ていたあの顔を

思い出すと怒りが湧いて来て自然と

歩の進みが速くなった。

「三崎さんの奥さんが

使った事ないかも知れないような

ものが一杯あるけど・・・

まあ2時間コースやから

アンタもせっかくやし初めての事を

いっぱい楽しんでいってやっ」

私は普通の寝室を想像していたが

そこは寝室では無くベッドすら無かった。

見たことも無いような器具ばかりが

陳列されていて私の速まっていた歩も

部屋に入った瞬間急ブレーキがかかる。

「・・・・・

しっ寝室では・・・

無いのですか?」

「ベッドが良かったか?

ベッドで普通のSEXしてたら

2時間も持たんやろ?

アンタの方がな。

まあベッドは少額融資用の

このマンションの奥さんとか

他のマンションでも家賃に困って

る奥さんのを立て替える時に30分くらいで

済ませる時に使うくらいよ。

アンタのような珍しいタイプの奥さんは

こっちでな・・・」

私は部屋の中にあるものを1つ1つ

見てみるがどう使う物か予想がつかない

物が多すぎてこの部屋で何をするかも

解らないが少しだけ分かる物もあった。

あの部屋の壁に設置されているペケ字の

ような器具はおそらく人を磔にする物・・・

そしてもう1つは別の目的ではあるが似たような

ほぼ同じものを使用。

使用したと言うより使用しなければならない経験を

した事があったからである。

あれは・・・

どう見ても・・・

分娩台だよね・・・

何故あんなものが木島様の家に・・・

でもこの方は2時間SEXをすると仰った。

私はこの部屋にある器具を使い木島様と

SEXするんだ・・・

どのように使うかは想像もつかないが

ああいうものに繋がれて逃げれなくされて

からされちゃうのだろうな・・・

そんな事しなくても逃げないのに・・・

逃げれるはずがないよ・・・

あんな大金頂いて・・・

こんな怖そうな人から・・・

「そうですか・・・

あの・・・シャワーは

入らなくても宜しいの

でしょうか?

一応自宅出る前に

シャワーは浴びてきておりますが・・・」

私はここまで歩くのに

少し汗ばんでしまった事を

気にして、この冷房が効き過ぎな

くらい効いている木島様の部屋に

来てからはすっかり汗は引いているが。

「かまわんよ。

ほな早速・・・

う~ん・・。

見れば見るほど普通の

小柄な奥さんやな~

いや大学生でもいけるよな~

奥さんあったら。

そうやな~まずはそのスーツ

上着だけ脱いでもらおか」

私はこの部屋に入った

部屋の入り口に立ち尽くしていたが

いよいよ木島様から服を脱ぐように

言われ少し部屋の中まで歩を進めると

部屋の入り口付近にあったソファに

スーツの上着を脱いで置く。

「・・・・・・・・・・・・・」

木島様は紺のスーツのジャケットを脱ぎ

白色の半そでのブラウスと紺のスーツの

膝丈くらいのタイトスカートの姿になった

私を一周回って品定めするように見ている。

「アンタ細いな~

しかしまあこの辺は

20代半ばだけあって

女らしくなってきてるかな?

う~んそれでも小ぶりか?

今日朝も家賃払えん奥さん

抱いたんやけどなっ

その奥さんはかなりここ

デカかったわっ

はははっ」

と私の腰からヒップにかけて

服の上から手を滑らせて私の

ヒップの肉付きを確かめるように

時々つねるようにする。

私は逃げるでもなく抵抗するでもなく

ただ木島様にされるがままになるしか

選択肢はないのでうつむき直立不動で

固まっています。

「・・・・・・・・・・・・・

そのあたりは・・・

出産してから・・・

お肉が落ちなくて・・・

それで・・・」

木島様の言葉には応えるべきなのか

どうか解らなかったが言われた事には

応えるべきかと思いぼそりと呟くように

応える。

「お~

アンタ子持ちかっ!?

この華奢な身体でよう産んだ

な~

でも子供産んでるんだったら

安心やなっ

奥さん俺のチンポはデカイ

からなっ

子供産んでるくらいの女

やないと中々最初は入れへんのよっ

アンタも大人しそうやけど

俺のん入ったら気持ち良すぎて

ひぃひぃ鳴くんやろな~」

木島様が私の身体をジロジロ見ながら

そのよに言うが正直私は男性の

あの場所のサイズが大きいとか小さいとかは

良く解らない。

主人しか知らない私は比較対象と言うものが

今まで無かったのだから。

しかしこのように仰ると言う事はそのサイズが

大きいのだろうなとこんな話を聞いてもそれくらいに

しか思わなかった。

「そうなのですか・・・

私は・・・

主人しか知らないものでして・・・

ですので拙いかも知れませんが・・・

他の女性の様にできなければ

お許しください・・・」

木島様の発言にどのように

応じれば良いか解らなく私は

正直にSEXに関しては無知で

あり経験も未熟である事を先に

伝えておこうと思いそう言った。

「おっ!?

レアものと思ってたけど

そこまでとはな~

ほほう~旦那しか知らんか~?

経験人数1人か!?

そりゃ300万円の価値あるな~

よしそれならまずは経験のある事から

してみろか?

奥さんアンタそのパンスト脱いで

ここに寝ろか?」

木島様は私にパンストを脱ぎ

分娩台に寝るように指示をした。

「・・・・・

これを脱いでそこに

・・・

横になるのですね・・・

かしこまりました・・・」

明るい部屋で人に肌を見せるのは

恥ずかしいがこれは返済なのだと

思いタイトスーツの脇から手を

居れベージュのパンストを脱ぎ

木島様が待つ分娩台の脇まで行く。

「ほ~う・・・

綺麗な脚してるな~奥さん

もっと上手く化粧してお洒落したら

アンタかなりいけるよ~

勿体ないっ

まあそんな話はええわっ

とりあえずここに寝ろか?

ここに足かけてな」

私は1秒・・2秒・・・

躊躇するもこの2時間はもう

現実に起こっていることではないと

そう思おうと心に決め久々に妊娠している

訳でもないのに分娩台に腰を下ろし

上半身を横にしてもたれると

片足づつ足を掛ける箇所にもっていき

足首を置く場所に右足、左足と置いた。

この丈のスカートならもう私の下着は

木島様には丸見えだと思うと急に恥ずかしく

なってくる。

何より診察目的でないのに分娩台に

乗り開脚している事が異常に恥ずかしいが

これは現実に起こり得ている事ではないのだ・・・

そう思い白い天井に映る模様を眺めていた。

「奥さん、アンタ

イメージ通り過ぎておもろないな~

案の定白のパンツか~?

どうせ旦那としてる時もマグロ

なんだろな~アンタみたいな

奥さんはっ

まあ今日はマグロでおれんように

しっかり気持ちよくしたるさかいな~」

マグロ?私って鮪?

私って白の下着のイメージなの?

木島様が仰る意味は解らないが

なんか私・・・

あまり良くないのかな?

今の所・・・

言う通りにしているのに・・・

そう思っていると木島様が分娩台に

乗り脚を開いている私の白のブラウスの

ボタンを外さずに力づくで左右に割く。

ブチブチブチッ・・・

「あっ・・・

(こんな脱がされ方したら

帰れないよ~)」

しかもこんなに乱暴な脱がされ方をして

また恐怖で身体が震えずに今度は硬直しだす。

「奥さんっ

うちには女物の服も

着替えあるから心配せんでいいから

しかしブラジャーもお揃いの白か?

うん?揉み心地はええな~B?C?

Cくらいやな?なかなかええ乳してるやん」

木島様が引き裂いたブラウスの中のブラジャーを下に

ずらすと直接胸を粗々しく揉む。

「ふっ・・・ふぅっ・・・

・・・・・んんっ・・・(いたっ

痛い・・・力強いよっ・・・)」

「中々乳首勃ってこんかったけど・・

やっとコリコリしてきたな~

おっアンタまだ母乳でるんか!?

これまたレア過ぎるやろ~!」

「ふっ・・・

んっ・・・

はい・・・

殆どミルクですがっ

・・・ふっ・・ふぅっ・・

まだ多少は・・・」

木島様が母乳が出る事に喜び

私の乳首を集中的に指でこねるが

痛い。

力が強すぎて痛いがここまでしつこく

乳首をつままれるような事は無かったので

気持ち良いのかどうかもわからない。

「後でまたこのCカップは

ゆっくり楽しましてもらうとして・・・

アンタ本当にマグロだな~?

旦那よっぽど下手くそあったんか?

全然開発されてないな~?

勿体ないっ

ちょっとは感じらな奥さんもつまらんやろ~?

少し強めにいこか?」

そう言いながら木島様は私の脚元に

移動する。

「上手いとか・・・

下手とか私解らなくて・・・

すみません・・・」

公平が上手いか下手とかは本当に

解らずに私はSEX=公平とするSEX

だったので他の人たちもそういうもの

だとばかり思っていた。

木島様は私の脚元に移動すると私の

足首をかけてある台を革のようなベルトで

ロックした。

両足ともロックされた私は自分では

足を下ろせない状態になってしまった。

「・・・・・・・・・・・

(怖い・・・・何で動けないように

するのだろう・・・痛い事はされないよね・・)」

全てが初めての経験の為どう反応すべきか

どう動くべきかなども全く解らずにただ

されるがままになっている私。

「奥さん~普通は

まずは電マなんやろうけどな~

これは電マよりキツイ本物の

電機按摩機や~

形は古いけど性能は抜群だぜっ」

木島様は両手で按摩機と言う機械の

手で持つ左右に出た柄の部分を持ち

四角い形の按摩機を私に見せる。

これは・・・

私が子供の頃にお風呂やさんで見たような

そう言えば祖父が持ってたよね?

こんな按摩器もう最近は見ないけど・・・

そう思っていると動けない私の視野から木島様が

消えたと思った瞬間、私の下腹部に振動が走った。

ブルルルルルルッ!!!

なっ何これっ!!

下着の上から・・・

私のアソコに・・・

さっきの按摩器当ててるんだっ・・・・

うそっ何この感覚・・・

私はただ押し寄せるくすぐったいような

揉み解されているような不思議な感覚から

発してしまう声が漏れないよに歯を食いしばった。

「ふっ・・・んんっ・・・ぐぐぐぐ・・・」

「おっやっと白いパンツが濡れて

きたな~

奥さんアンタ濡れるのも遅いな~

ほらっ!こここれ当てたら気持ち良いだろ?

もっと濡らしたるからな~!」

ブルルルルルルルッ!!!

ひっ!うそっ何!?この感覚っ・・・・

えっえっ・・わからないっ!どうなってるかわからないよっ!

私は繋がれた両足をバタバタさせてしまい

ガタンガタンと分娩台が暴れる私に寄り揺れる音がする。

「ふっふぅっ・・・んんっふぐぐぐっ・・・・

はぁ~・・・んぐぐぐ・・・・」

「奥さんっアンタまだ逝った事ないんだろ?

それ逝った事無い女が逝く我慢してる時の我慢の

仕方だな~ほらっ按摩器強にしてクリに按摩機の

角当てたるわっ!

これでもう我慢できんからな~ほらっ逝けっ!

逝ってまえっ!」

イク?

イクって何なの?

そんなの私知らないよっ!

これがそうなの?

この全身がビリビリしてるの我慢するの

止めたらイクの?

イクとどうなるの?

わからないっわからないよっ!

ううううっでもダメだっ

何かくるっ!何か来ちゃうよ~!

「ふぅぅぅぅっんんっ!

木島様っ!その機械止めてくださいっ!

何かきちゃいますっ!!

ふぅ~んんっ!はぁはぁはぁっ・・・・

ひゃっ・・あっ・・・あぁ・・・きちゃうっ!

やっ!!!・・・・・・あ・・・あぁ・・はぁはぁはぁ・・

えっ!まだ?いやっ止めてくださいっ!・・・あっ来るっ!

またっまたきそうですっ!これ嫌ですっ!おねがいっ許してくださ・・・

あっ・・・ひゃんっ・・・あぅぅぅぅぅぅっ!んぐぐぐっ」

私が両手両足をじたばたするが開いている足の中心部分は無防備

なので当てられていた按摩器の振動が強くなりピンポイントで

私の股間の核に当たるように按摩器の角を押しあてられると全身に

鳥肌が一気に立つような感覚に襲われる。

「まだまだ~!もっともっと深くっ!

ほらっ逝けっ!まだまだ我慢してるのがわかるぜっ!」

ドリュリュリュリュリュッ!!!!!!

これは・・・・

浮いちゃうっダメっ

気持ち良すぎて魂が抜けちゃうよ~

これイッてると言うの?

今イッてるの私?

さっきのは?

さっきもイッたの私・・

わかんないっわかんないけど・・・

アソコがこんなに気持ち良いの・・・

初めて・・・

「ふぅぅぅぅんっ!!

木島様っダメですっ!私浮いちゃいそうっ!

何かっおかしいですっあっ!

何かきちゃうっ!身体がっあっ!

ふぅぅぅぅんっ!はっはっ!はっ・・はひぃっ・・

あふぅんっはぐぐぐっ!!ダメっ!うぅぅぅぅぅぅぅっ!

んんんんんっ!!!!!」

何か出た・・・

嫌だ・・

私お漏らししちゃったの・・・

何で?何で?

やっと止めてくれた按摩器の振動が終わったが

私は下着に異常な湿りと全身のありえない快感と

脱力感を感じたまま依然分娩台の足の拘束は解いて

貰えないまま居た。


《第4章 寝取る者に寝取られる者 第21話 返済 三崎梓》





スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

千景

Author:千景
訪問ありがとうございます。
ここでは私千景が書いた小説を紹介させて頂きたいと思います。
ほぼ私と同年代の既婚者が主役のものになるかと思います。登場人物同士が
つながりを持っていて別の物語では最初の物語の主人公が脇役を務める様な
小説全体につながりを持たせ想像を膨らませていけたらと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村
アダルトブログランキングへ
  • SEOブログパーツ
スポンサーリンク
アダルト無修正 人妻 熟女 素人 ハメ撮り 本物 三十路 若妻 不倫 巨乳
ご拝読ありがとうございます
ご拝読中
現在の閲覧者数:
問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク
官能小説 人妻 

スポンサーリンク
人妻 三十路 四十路 五十路 六十路 無修正 熟女 超熟女 豊満熟女 淫乱熟女 痴熟女  無修正 素人 人妻 借金 巨乳
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。