FC2ブログ

■当サイトは既婚女性を中心に描いている連続長編の官能小説サイトです■性的な描写が多く出てくる為18歳歳未満の方の閲覧はご遠慮下さい■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4章 寝取る者に寝取られる者 第32話 愛妻絶叫 目覚めた性癖 中村弘樹

ミカちゃんの中に出しやがった

田尾は俺の愛妻を抱え風呂場に

消えていった。

クローゼットの中に残され、

いや残されたと言っても2人は俺が

ここに居るとは露程にも思っていない

であろうがとにかく今ここからリビング

を見ても誰もいないソファに少し

斜めに置き場所が歪んだテーブルが

あるだけで誰も居ない。

俺の一物はもう射精し過ぎて

痛いくらいなのだがまだ大きく

堅くなっている。

しかしさっきまでここから

見えるソファやテーブルで俺の

愛妻のミカちゃんを打ち抜いていた

田尾という見た目ヤクザのような

筋肉隆々のおっさんの一物と比べると

正直自信が無くなってきた。

もし俺が田尾のような一物を持ち

田尾の様に女性の扱いに慣れていたら

ミカちゃんとはSEXレスになる事は

無かったのであろうか?

どうだろう?

例えば俺に田尾のような

一物が備わっていたら

もし今までの様に夜の

夫婦生活を断られても

多少強引に事を進める事により

今日俺が目の当たりに

した感じにミカちゃんが

乱れ感じたら多少強引にした

後だとしても怒られることもなく

逆にミカちゃんのストレス解消にも

なるのではないだろうか?

全ては俺の力不足か・・・

所詮この世の男には

寝取られる者と寝取る者が存在し

寝取る者には備わっている物が

備わっている。

俺のようなごく普通の一物に

ごく普通の身体では女性を

満足させれないのだ。

目の前から2人が居なくなり

冷静に田尾と言う男を分析すれば

分析するほど自分自身の惨めさが

思い知らされる。

今クローゼットの裏のバスルームから

2人の声とシャワー音が聞こえて来る。

ミカちゃんの声が弾むように嬉しそうな

のが解る。

田尾が何か言っている・・・

どうやら2人で身体を洗い合いしているようで

今、田尾がミカちゃんの股間にシャワーを

当てているようだ・・・

激しい喘ぎ声が聞こえてくる・・・

もう良い・・・

もう止めてくれ・・・

これ以上俺の愛妻を狂わさないでくれ・・・

これ以上俺の愛妻を淫乱にしないでくれ・・・

これ以上・・・?

いや今日俺は田尾の手により

ミカちゃんの過去を知った。

知りたかったはずのミカちゃんの過去は

予想以上の性歴だった。

そうミカちゃんは過去にもSEXで

逝った事もあったし俺と出会ってから

少なくとも4人の男とSEXをしている。

そのSEXでも逝っているのだ。

逝かせられない俺が悪いのか?

そうなのか?

果たして今後俺はあの田尾程では

なくてもミカちゃんを逝かせられるのだろうか?

そもそもSEXレスは解消するのか?

ミカちゃんは散々俺とのSEXを拒み・・・

1年以上しなかったのにその間に2人と

していた挙句今日また別の男としている。

そして俺が知らない女の部分をさらけ出している。

もし明日俺が誘ったら昨日までと

同じように断るのだろう。

それは解る・・・

しかしもし明日も田尾が誘えば・・・

ミカちゃんはやると思う・・・

2人が言っていた貸しなど無くても・・・

結局は気持ち良いか気持ち良くないか・・・

身体が満たされるか満たされないか・・・

それだけなのか?

『あああっ!!あああっ!

あっあんっ!!

私立ったまま後ろからされるとっ!!

すぐにいっちゃうっ!

あああっ!田尾さんっ!すごいっ!

凄い所まで届くっ!!

ああっ!』

さっきより近くで聞こえる

ミカちゃんの嬌声・・・

このクローゼットの裏の

バスルーム内は丁度この

裏が湯船だ。

湯船に入りこっち向きに

手を付き尻を突き出し反対側から

田尾に突かれているのだろう・・・

ふふっ

俺の真後ろで喘いでやがる・・・

俺はここまでされても

ミカちゃんが好きだ。

それは変わらない。

ただこの時俺は新しい性癖に目覚めた。

この事を・・・

結婚してから今日で都合3度浮気した

訳だ。

この事をミカちゃんに伝える事が

できて今のような女帝状態じゃなくなるように

カカア天下で無くなるように

できれば俺の言いなりにできるかも・・・

そうなれば面白い・・・

例えば・・・

そう例えばこんなクローゼット

からでは無く目の前で別の男に

ミカちゃんを抱かせそれを見るのも

良いかもなぁ・・・

俺では逝かないのだから

ミカちゃんを逝かせれるような男。

しかしあの田尾のようにミカちゃんが

好みと思うような男は嫌だ。

『中村さんっ!

自分で尻振ってそんなに

気持ちええんかっ!

おうっおうっ!お~!!

これで8発完済やっ!!』

『あっあああっあああっ!!!

良いっ!すごく良いっ!!

もうダメ~!!田尾さん凄すぎっ!!

あああっ!すごく素敵ですっ!!あんっ!!!

イクッ!!

いっちゃうっ!!』

どうやら風呂場でお互いが果てたらしい。

もう好きにすれば良い。

今後ミカちゃん・・・

君を抱きたいなんて言わないから

心配せんでええよ。

俺なんかが抱こうと思った事が

間違いやったよ。

その代わりミカちゃんの周りから

田尾のようなミカちゃん好みの

おっさんじゃなくミカちゃんが抱かれたく

ないような相手でSEXの技の立つ相手を

俺が探すから・・・

そいつと俺の前でやる・・・

もしくはそいつとやって

俺に正直に報告する事が

君の罪滅ぼしやから・・・

この後浴室から全裸にバスタオルを

身体に巻き出てきた2人はソファで散々

いちゃいちゃした後事もあろうか

夫婦の寝室でもう貸しはないはずなのに

またSEXを始めた。

俺はクローゼットでまた散々

ミカちゃんの喘ぎ声を聞かされる。

『ああああっ!!

もう無理っもう無理ですっ!

田尾さん凄すぎて壊れちゃうっ!

ああああっもうダメっ!!』

『中村さんッ!中村さんっ!

中村さんのこの身体最高や~!

うら~!!!おらっ!おらっ!

旦那とどっちがええか言うてみ~!!』

『ああああ~!!!

あっあっっ!!いいっすごくいいのっ!

いやっそんな事っ言えないっ!!

ああああっ!!』

『どうやっ!!どうやっ!これでもかっ!

中村さんっ!言わんと抜くで~!』

『あっあんっいやっ!

抜いちゃやだっ!!

あああっそんなのっ!

今まででっ!あんっ!1番良いってさっきっ

ああっ!言ったじゃないですかっ!!』

『俺と旦那はどっちがいいんやっ!

はっきり言わんと止めるで~!!』

『ああああっ!!いいっ!

田尾さんの方が凄く良いですっ!!

ああああああっ!いく~!!

いいっ!いっちゃうっ!いっちゃうぅぅぅっ!!

ああああっ!!!』

俺は俺たち夫婦の寝室で

俺と田尾を比べながら

解りきった事を聞かれ

応えるミカちゃんと田尾の

SEXの声を子守歌の様に

聞きながらクローゼットの中で

意識を失いかけていた。

そしてそのままクローゼットの

中で聞こえ続ける愛妻の喘ぎ声が

遠くなっていくような感覚を感じ

ながら眠るように意識を失った。

~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦~◦

俺はクローゼットの中で目覚めて

スマホを見てみる。

俺が意識を失ってから4時間程が経っていた。

時間は朝の4時14分。

俺は音を極力立てずにクローゼットから

出て少しだけ寝室の引戸を開け中を

覗くと田尾の腕の中でミカちゃんが寝ている。

俺はまた気づかれないように戸を閉め

音を立てないように玄関から出る。

そしてどのようにミカちゃんに今日の事を

含め過去2度の浮気を知った事を伝えようか

考えながら実家に車を走らせて居た。

実家でまた少しの睡眠を取り光を連れて

夕方家に帰った時には当たり前だが田尾も居なく

ミカちゃんは昨日までのミカちゃんの通り

普通の態度で接してきて俺が愛する愛妻のそのまま

の姿であった。

「パパっお祖父ちゃんとお祖母ちゃん

久々に光に会えて嬉しそうだった?」

と普通に接してくるミカちゃんを

見ながら昨夜のあの淫乱なミカちゃんの

姿が想像つかない所がまた俺の一物を

堅くする。

このミカちゃんが・・・

このミカちゃんが・・・

あんなにSEXで乱れるなんて・・・

実際に見たけど信じられない。

しかし近い将来俺の目の前で

あの昨夜の姿を晒すことにしてやるからな~

そう思いながら俺もその日が来るまでは

今まで通り接するように心がけた。

そしてこの日から俺はミカちゃんを

夜の夫婦生活に誘う事は無くなったが

毎日のように田尾とミカちゃんの情事を

思い出しながら自慰にふけるように

なっていた。

《第4章 寝取る者に寝取られる者 第32話 愛妻絶叫 目覚めた性癖 中村弘樹 終わり》
《第4章 終わり》








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
いつも読ませて頂いております
千景さんの作るストーリーはエッチに行き着くまでが凄く興奮します。
中村美香子さんは1票入れて出てきた時から中村美香子さんのストーリーが進むのを待っていたのでこの回はこの後も何度も読ませて頂くと思います。
この後の弘樹ご主人の復讐も楽しみですね。今後とも頑張って下さい!
2016/07/28(木) 22:17 | URL | かずあき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

千景

Author:千景
訪問ありがとうございます。
ここでは私千景が書いた小説を紹介させて頂きたいと思います。
ほぼ私と同年代の既婚者が主役のものになるかと思います。登場人物同士が
つながりを持っていて別の物語では最初の物語の主人公が脇役を務める様な
小説全体につながりを持たせ想像を膨らませていけたらと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村
アダルトブログランキングへ
  • SEOブログパーツ
スポンサーリンク
アダルト無修正 人妻 熟女 素人 ハメ撮り 本物 三十路 若妻 不倫 巨乳
ご拝読ありがとうございます
ご拝読中
現在の閲覧者数:
問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク
官能小説 人妻 

スポンサーリンク
人妻 三十路 四十路 五十路 六十路 無修正 熟女 超熟女 豊満熟女 淫乱熟女 痴熟女  無修正 素人 人妻 借金 巨乳
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。